Iphonexbunner big

次期「iPhone」(N41AP/iPhone 5,1)の詳細なスペック情報!?

9to5Macは、「iOS 6」のベータ版を深く調査し、次期「iPhone」のスペックなどについて分かったことを掲載しています。

9to5macblackandwhite
Photo by 9to5Mac
 
まず、「iOS 6」のDarwinカーネルバージョンは13.0.0となっていて、プロセッサは「ARM S5L8950X」であることが分かるとしています。なお、"iPhone 4S"のプロセッサは「S5L8940X」で、"新しいiPad"は「S5L8945X」だとしています。

Appleの内部ではこのプロセッサを“A5-***” (情報源を守るため最後の3文字を伏せてるそうです)と呼ばれているが、これは最終的な名前ではないとしています。ただ、プロセッサの名前がA5から始まるので、"A6"にはステップアップしないとしています。

GPUチップは “SGX543RC*” (これも最後の1文字は伏せられているそうです)となっているそうですが、まだこのGPUは存在していなく、スペックについては分からないとしています。

次期「iPhone」のメモリは「新しいiPad」と同様に1GBになってるとしています。

このユニットの「iOS 6」のビルド番号は "10A33X" で、ibootバージョンは"153x.x"となっているそうです。なお、「iOS 5」のibootバージョンは"12xx.x.x"だそうです。

このデバイスのいくつかのプロトタイプは、古いQualcommのベースバンドチップを使用しているとしています。このユニットは、携帯電話に対応した「新しいiPad 4Gモデル」で見つかったQualcommのベースバンドと同じタイプが使われているとしています。

最後に、Appleの新しいiOS用の「マップ」アプリのスクリーンショットを掲載しています。

Ios 6 maps iphone redacted
 
この「マップ」アプリのバージョンでは、3Dボタンを誤って押されることを避けるために、右下のスクロールメニューの下になっているそうです。

かなり詳細な分析が行われたようですね。もちろんあくまで「iOS 6」のベータ版から得られた情報なので、これが最終的なスペックになるか分かりませんが、かなり近いスペックでリリースされる可能性がありますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA