次世代「iPhone」のは少なくても4インチのディスプレイを搭載し、生産は6月に開始!?

9to5Macは、WSJのレポートによると、状況に精通した人物は、Appleの第6世代「iPhone」は、少なくても4インチのディスプレイを搭載していると伝えていて、アジアのサプライヤーからは6月にも生産が開始されるとの情報を得ているとしています。

Captura de pantalla 2012 04 12 a las 00 30 57  2
 
「iPhone」は2007年にデビューして以来、3.5インチのディスプレイを搭載して、変更したことはないが、次世代「iPhone」では"少なくても"4インチのディスプレイが採用されるとしています。

すでにメーカーによると、Appleは次世代「iPhone」のための大きなディスプレイを注文しているとしています。なお、この件についてAppleの広報担当者はコメントを控えているとしています。

やはり、次世代「iPhone 5」では4インチのディスプレイが搭載される可能性がかなり高くなっている気がしますね。6月にも生産開始ということなので、予想どおり9月〜10月のリリースとなりそうですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)