7.85インチ「iPad」には”薄膜タッチ”技術を採用!?

DIGITIMESは、業界筋によると、Appleは今年第4四半期にもリリースする7.85インチ「iPad」には、日東の"G/F2"薄膜タッチ技術を採用するようだと伝えています。

Ipad mini concept imore 620x434
 
この「G/F2」技術は、日東が薄膜材料を、日本写真印刷とTKPがタッチスクリーンを製造するそうで、AppleのタッチモジュールのサプライヤーのWintekは、この技術を持っていないとしています。

この技術を使う事により、現在のG/F/F (glass/film/film)構造よりも、フィルム層が薄くなるとしていて、さらにコスト削減につながるようです。

また、この7.85インチ「iPad」は700万台〜1000万台が出荷されるかもしれないとしています。

やはり7.85インチ「iPad」は出るのでしょうか?さらにタッチパネルには日本の技術が使われるという可能性があるそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)