Foxconnの内部関係者が「iPhone 8」や「Siri Speaker」などの情報を明らかに!?

Iphone8renda

9to5Macは、RadditにFoxconninsiderと名乗る人物が「iPhone 8」や「Siri Speaker」、将来の「iMac」や「MacBook」に関する情報を投稿していると伝えています。

スポンサードリンク

「iPhone 8」と「Siri Speaker」について

このFoxconninsiderは、1月ごろにEVT(エンジニアリング検証テスト)段階の「iPhone 8」を見たそうで、Touch IDは背面にはなく、より薄いベゼルで「iPhone 7」に似ていると述べているそうです。

また、その時にはディスプレイの下の指紋スキャナがテストされていたが、あまり精度がよくなかったとしています。

「WWDC 2017」で発表が予想される「Siri Speaker」については、小さな「Mac Pro」のようなデザインだそうで、当初はカメラやディスプレイを搭載したバージョンなどを複数テストしていたそうですが、最終的にはこれらは含まれていないとしています。

iMacとMacBookは2018年にデザインを刷新?

今年アップデートされることが明らかにされている「iMac」についてはデザインの変更などはないものの、2018年にデザインを大きな変更があり、より多くのガラス使用とダークブラックの仕上げが特徴で、背面のAppleロゴが光る仕様も再び導入されるとしています。

また、「MacBook」も今年は内部アップデートだけだが、将来には大きな変更が予定されていて、以前噂のあったE-Inkキーボードが搭載されるそうで、Touch Barは引き続き搭載されるようだとしています。

AR搭載のスマートメガネもテスト??

他の情報として、Appleが初期段階ながらAR搭載のスマートメガネをテストしていると述べていて、セルロースアセテートのフレーム、骨伝導モジュール、複数のマイク、内部バッテリー、さらにユーザーの視覚に情報を表示するためプリズムが含まれているとしています。

また、加速度センサーも搭載されいて、ユーザーの頷きや顔を横に振るといった動作を検出することができるそうです。なお、このスマートメガネは2019年に向けてテストしているようですが、キャンセルされる可能性もあるとのこと。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)