Iphonexbunner big

Apple、「iOS 6」ではGoogle Mapを採用せず、自社開発した3Dマップを採用!?

9to5Macは、信頼できる情報源によると、Appleは「iOS 6」で2007年以降iOSデバイス上で使用されていたGoogle Mapを採用せず、自社で開発した「Map」アプリを採用するだろうと伝えています。

Mapsmockup
右の画像は3Dモードのイメージ画像
 
この「Map」アプリは、現在のiOSデバイスで動作しているGoogle Mapのプログラムにかなり似ているが、それよりもより早く、より信頼性の高いものになるとしています。

Appleは、今までに"Placebase"、"C3 Technologies"、"Poly9"というマッピングデータベースを開発している会社を買収していて、これらのおかげで「iOS 6」では「Map」アプリが変更されることになるとしています。なお、Apple社内ではすでに「Maps」という単純な名前にリネームされているとしています。

Street view

この新しい「Map」アプリで最も重要な機能は、3Dモードだとしています。これは、C3 Technologies社の技術が採用されているようで、デフォルトでは有効になっていないが、3Dボタンをクリクすることで見ることが可能になるようです。

以前から、Appleが何社かの地図会社を買収していて、自社でMapを開発していることが噂されていましたが、どうやら「iOS 6」でお目見えになる可能性があるようです。

すでに「iPhoto for iOS」では、Google Mapではなく、オープンソースの「OpenStreetMap」が使用されていますが、これはAppleが開発しているMapが完成するまでのつなぎの役割を果たしているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA