今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6s」のForce Touch(感圧タッチ)は「3D Touch Display」と呼ばれる!?

Forcetouch1
img via 9to5Mac

9to5Macは、新しいiPhoneに詳しい情報筋によると、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」に搭載される新しい圧力感知スクリーンは、「3D Touch Display」と呼ばれるようだと伝えています。

スポンサードリンク


3つの圧力を感知するディスプレイ

「Apple Watch」と「MacBook」などに搭載されるForce Touch(感圧タッチ)は、2つのレベルの圧力を感知するが、情報筋によると、「iPhone 6s」では「タップ・プレス・ディーププレス」という3つのレベルを感知することができるとしています。

3D Touch Display」の名前の由来は、3つの圧力を感知する新しいForce Touchセンサーからきているとしています。

これにより、デベロッパーがこの技術を活用した新しいゲームを作ることができ、さらに、新しいスタイラスペンが付属されるiPad Proにも搭載されるだろうとしています。

Force Touch(感圧タッチ)は、「Apple Watch」から搭載が始まりましたが、「iPhone 6s」シリーズからは早くもそれをアップデートして、「3D Touch Display」という呼び名になるのかもしれません。

なお、この「iPhone 6s」に搭載されるForce Touch(感圧タッチ)では以下の様なことができると以前伝えられていました。

  • マップアプリでForce Touch操作(強く押す)をするとすぐに経路案内がスタート
  • ミュージックアプリでは、プレイリストに曲を追加したり、オフライン再生のためにダウンロードが可能に
  • テスト中の機能として、電話アプリの上でForce Touch操作(強く押す)をするとボイスメールをすぐに選択できるようになる
  • MacBookなどのForce Touchジェスチャーと同様の操作も可能で、Safariでもリンク先のプレビューや辞書の表示なども利用できる見込み
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)