今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6s」のカメラは1,200万画素で4K動画の撮影のサポート、さらにFaceTimeカメラも大幅にアップデート!?

Iphone6plusreview2 09

9ot5Macは、情報筋によると、「iPhone 6s」と「iPhone 6s」のカメラは主要なアップデートの1つとなり、1,200万画素のカメラとなり、以前のモデルより大きく、高い解像度の写真が撮影できるようになると伝えています。

スポンサードリンク


iSightカメラは4K動画の撮影のサポートへ

iSightカメラが1,200万画素になるために、「iPhone 6s」に搭載される「A9」プロセッサには画像信号処理に関するアップグレードも含まれているそうです。

また、「iPhone 6s」シリーズのiSightカメラは動画機能の大幅なアップデートとして、4K動画の撮影をサポートすることが決定されたとしています。

FaceTimeカメラも大幅にアップグレード

さらに、iSightカメラに加えて、FaceTimeカメラにも大幅な改善が加えられ、高品質のビデオ通話と自撮りのために、センサーのアップグレードとフラッシュが追加されるそうです。

なお、このフラッシュはLEDではなく、シャッターを押した瞬間にディスプレイが白い画面となることでフラッシュ代わりになるそうです。他にも、パノラマショットや720pのスローモーション動画のサポートも加わる可能性があるとのことです。

今回のアップグレードのポイントはカメラに?

「iPhone 4s」からカメラは800万画素から変えていませんでしたが、いよいよ「iPhone 6s」で1,200万画素にアップグレードされることがほぼ確実で、今回の「iPhone 6s」の大きな特徴はカメラのアップデートということなるかもしれないですね。

また、これだけ自撮りをする人が増えているのでFaceTimeカメラのアップグレードもかなり期待されるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)