今日の人気記事

スポンサードリンク

「Apple Watch」42mmモデルのバッテリー容量は246mAhか!?

Applewatch42mmteadown
Photo by teardowns.com

Touch Labさんは、teardowns.comというサイトによると、「Apple Watch」42mmモデルのバッテリー容量は246mAhであることが明らかになったと伝えています。

スポンサードリンク

teardowns.comというサイトが公開している「Apple Watch」42mmモデルの分解画像のバッテリー部分を拡大すると3.78V 0.93Whrという表記が確認できるそうです。

Applewatch42mmteadown2
Photo by teardowns.com

このことからバッテリー容量は246mAhであることがわかり、すでに明らかになっている38mmモデルの205mAh (3.8V 0.78Whr)より20%多くなっているとしています。

Appleがすでに公開しているApple Watchの「バッテリーに関する一般情報」では、38mmモデルより42mmモデルのほうがバッテリーは”より長く持続する”と記載しているので、バッテリーの容量の違いがあるのは予想されていましたが、実際は20%多いようです。

ただ、42モデルはディスプレイサイズも38mmモデルより大きくなっているため、単純に38mmモデルより20%バッテリーが長く持つということはなく、比較して若干長く持続するぐらいと考えておいたほうがよさそうです。

なお、「Apple Watch」のバッテリーについては、これだけ小さい容量にもかかわらず実際使ってみると1日は余裕で持ちます。これは、「Apple Watch」の省電力の設定がかなり考えられているからだと思われ、もちろんもっと容量が増えて2日、3日と持ってくれるのがベストですが、毎日充電するというのも慣れてくるものではありますね。

関連記事
Apple、「Apple Watch」のバッテリーについての詳細ページを公開

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)