今日の人気記事

スポンサードリンク

「WWDC 2015」で発表が噂される新型「Apple TV」は4Kビデオストリームはサポートされない模様

Appletv smallsize

BuzzNews FeedのJohn Paczkowski氏は、「WWDC 2015」で発表が噂される新型「Apple TV」について、4Kビデオストリームはサポートしないだろうと伝えています。

スポンサードリンク

情報筋によると、「4Kは素晴らしいが、まだそれは始まったばかりだ」と述べ、Netflixなどは4Kのサポートは始めたがその製品は限られているとしています。

実際4Kストリーミングは通常のHDビデオの4倍の画素、より多くの帯域幅と強力な圧縮技術が必要で、4Kをストリーミングするためには15Mbps以上が必要だが、アメリカの世帯でそれを満たすユーザーが19%ほどだそうです。

通常のNetflixのコンテンツは3Mbpsで見れることから4Kのコンテンツは非常に高価なものになっていて、これらのことからも新型「Apple TV」が4Kのサポートを見送る可能性が高いとしています。

日本でも4Kについては始まったばかりで、まだまだ見れるTVを持っている人も少ない状態ですね。さらにストリーミング配信となると安定したネットワーク速度が必要になるなどまだまだ課題が多そうですよね。

アメリカではさらに速度的な問題などがあるので、将来的に可能性があるのかもしれませんが、今のところ新型「Apple TV」でサポートされる可能性は低そうです。

関連記事
新型「Apple TV」は「WWDC 2015」で発表され、App StoreやSiriを搭載!?
Apple、この秋にストリーミングTVサービスの提供を開始する!?
Apple、「Apple TV」を69ドルに値下げすることを発表(日本では8,200円)

(via 9to5Mac

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)