今日の人気記事

スポンサードリンク

Ming-Chi Kuo氏、次期「iPhone」はForce Touchが特徴となるが、4インチモデルの発売の可能性は低いと予測

Iphone6plusreview2 03

9to5Macは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi-Kuo氏は最新レポートで、現在噂のある4インチの「iPhone」の新モデルが2015年に発売される可能性は低いと予測していると伝えています。

スポンサードリンク

また、次期4.5インチと5.5インチの「iPhone」についてはForce Touch(感圧タッチ)を特徴とするが、「Apple Watch」や「MacBook (12-inch,Early 2015)」「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) 」に搭載されているものと動作が異なるものになるとしています。

次期「iPhone」のForce Touchは、直接指で加えられる圧力を感知するのではなく、指の接触している領域を監視するものになるとしています。

AppleInsiderによると、Ming-Chi-Kuo氏がこのForce Touchは、iPhoneのユーザーインターフェースでもっとも重要な変化をもたらすと述べているそうで、この変化は「iPhone 6s」というより「iPhone 7」と呼ぶに相当するものだとしています。

先ほどの記事でiPhoneへのForce Touchは「iPhone 6s Plus」のみという情報があったことをお伝えしたばかりですが、やはり両モデルともに搭載される可能性は個人的には高い気がしています。それが”iPhoneのユーザーインターフェースでもっとも重要な変化”となるというところは非常に注目するべきところですね。

関連記事
Force Touch(感圧タッチ)を搭載するのは「iPhone 6s Plus」のみになる!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)