今日の人気記事

スポンサードリンク

「Apple Watch」にはバッテリー寿命を節約するための「Power Reserve」モードが搭載される!?

Applewatch2

9to5Macは、The New York Timesが「Apple Watch」に関する記事を掲載していて、その中でバッテリー寿命を節約するための「Power Reserve」モードが搭載されるという情報を掲載していると伝えています。

スポンサードリンク

この「Power Reserve」モードでは、バッテリー寿命を節約するために特別な低電力な状態にし、通知などの機能を無効にして時計を見ることだけができるということのようです。

また、「Apple Watch」の開発の裏側としてAppleのエンジニアがプロトタイプをオフィス外でテストするときのために、サムスンのスマートウォッチに似せたケースを作って機密を維持していたそうです。

バッテリー残量が少ない場合は最低でも時計はみられるようになる?

「Apple Watch」は、Tim Cook氏もインタビューなどで明らかにしているように、バッテリーは1日持続するものの、毎晩充電が必要になるということは間違いないようです。

それでもバッテリーが切れてしまえば何も表示されないという状態になってしまうわけですが、この「Power Reserve」モードを使えば時計を表示するという最低限の機能を使うことができるようです。

あくまで予測ですが、バッテリーの容量が10%を切ったら自動的にこのモードになるといった設定があるのかもしれませんね。

関連記事
Apple、ロンドンの高級百貨店で「Apple Watch」のためのポップアップストアを計画!?
Tim Cook氏、Telegraphのインタビューに答え「Apple Watch」について語る
Apple、現地時間3月9日にスペシャルイベントを開催すると発表
Apple、現地時間3月9日に行うスペシャルイベント「Spring Forward.」をライブストリーミング配信
「Apple Watch」はシャワーの時に着けていても大丈夫??
「Apple Watch」はApple Storeで限定販売へ – アメリカで先行発売!?
Tim Cook CEO、「Apple Watch」の出荷は4月になることを明らかに

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)