今日の人気記事

スポンサードリンク

「Apple Watch」に搭載されるCPUはA5プロセッサ相当か!? バッテリー持続時間についての情報も!?

Applewatch1

9to5Macは、情報筋によると、「Apple Watch」のS1チップは、現行のiPod touchに搭載されるA5プロセッサの性能に驚くほど近く、Retinaディスプレイを毎秒60フレームで更新することが可能だとと伝えています。

スポンサードリンク

また、Appleは「Apple Watch」のバッテリー持続時間について、アクティブなアプリの連続使用で2.5〜4時間、アクティブ/パッシブ構成の時には19時間、純粋な待機時間では3日〜4日を目指しているとしているが、情報筋は実際にはスタンバイモードもしくは低電力モードで2日〜3日になるのではないかとしています。

他にも時計のアニメーションについては、ずっとディスプレイをオンの状態で約3時間表示することができるようになるはずとされていますが、これらの目標については第1世代のバージョンでは達成できない可能性があるとされています。

「Apple Watch」のバッテリー寿命についてはやはりAppleの懸念だそうで、もともと2014年後半に発売を予定していたのを2015年初めに変更したのはそれが要因で、実際の環境で様々なテストをするために現在約3000台のテストユニットが稼働しているとのことです。

ユーザーとしても「Apple Watch」のバッテリー持続時間はかなり気になるところですよね。実際には発売されてみないとわかりませんが、この情報ではずっとアクティブではない場合でも毎日充電することは必須という状況は間違いない模様です。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)