今日の人気記事

スポンサードリンク

12.9インチ「iPad」は2015年第1四半期に量産開始でFoxconnの傘下GISがタッチパネルを60%受注!?

Ipadair2 12

EMSOneは、工商時報によると、噂されている12.9インチ「iPad」について、サプライチェーンは2015年第1四半期の量産開始に向けて2014年末から準備を始めると伝えています。

スポンサードリンク

このモデルのタッチパネルは、Foxconnの傘下GISが60%を受注し残りはTPKが受注したとしています。

大型「iPad」については多くの噂があり、ディスプレイサイズは12.2インチではないかという情報もあります。また、名前についても「iPad Air Plus」や「iPad Pro」といった名前もあがっていて、すでに発売されるという流れは間違いないと思われます。

今回の情報通り量産が2015年第1四半期に始まるとすると、発売は第2四半期頃になるのではないかと思われます。「Apple Watch」と近い時期の発売ということになるのかもしれないですね。

関連記事
Mac Fan:12.2インチ「iPad Air Plus」とされる原寸大の図面を掲載!? 「iPad mini 4」の情報も!?
大型「iPad」は12.2インチディスプレイを搭載し、サイズは「Saface Pro 3」に似ている!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)