今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPad Air 2」の製造コストは「iPad Air」と同程度で利益率は若干低い!?

Ipadair2

re/codeは、調査会社IHSによると、「iPad Air 2」の製造コストは499ドルで販売されている16GBモデルで275ドルとなっていて、「iPad Air」より1ドル高くなっていると伝えています。

スポンサードリンク

一番高い829ドルで販売されている128GBのLTEモデルのコストは358ドルとなっているそうで、利益率は「iPad Air」が45%〜61%だったのに対して、「iPad Air 2」は45%〜57%となっていて、若干減少しているとのこと。

iPad Air 2」で最も高いコストがかかっているのが、ディスプレイで77ドルで部品コストの28%を占めているが、「iPad Air」が90ドルだったのに対して安くなっているとしています。

他にもカメラはiSight・FaceTimeカメラ合わせて11ドル、フラッシュメモリは1GBあたり40セントとなっているそうです。

iPad Air 2」はTouch IDが搭載され、ディスプレイも低反射加工がされていたりしていますが、基本的にコストはほとんど「iPad Air」と変わっていないようです。

特にディスプレイのコストはだいぶ下がっていて、それでも「iPad Air」と同程度に収まっていることから、ディスプレイで他のコストが上がった分を吸収したようですね。

(via AppleInsider)

関連記事
「iPad Air」の総生産コストは「iPad (第3世代)」より低いことが明らかに

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)