今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPad Air(第2世代)」は10月に発表され、次期「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は同時に発売されない可能性も!?

Ipadfamily

MacRumorsは、工商時報によると、「iPad Air(第2世代)」の生産は9月に開始さえ10月に出荷されるようだとしていて、次期「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は同時に発売されない可能性が示唆されていると伝えています。

スポンサードリンク

また、以前から噂されている12.9インチ「iPad」については、2015年第1四半期に生産が開始され、第2四半期には量産が開始されるとしています。

10月のスペシャルイベントで発表か

Appleは10月にもスペシャルイベントを行うのではないかという情報があり、そこで次期iPadシリーズの発表や「OS X Yosemite」などのリリースが期待されています。

また、次期iPadシリーズには「Touch ID」が搭載するものとみられ、「iPhone 6」シリーズに搭載されたNFCが搭載されるかどうかも注目だと思います。

今回の情報で次期「iPad mini Retinaディスプレイモデル」が同時に発売されないというのが少し気になるところですね。

関連記事
Apple、10月後半にも新製品を発表するスペシャルイベントを開催!?
「OS X Yosemite」は10月下旬にリリースで、10月のイベントでは12インチ「MacBook」と4Kデスクトップの発表も!?

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ヤス

    iPad一種類とYosemiteだけでは、いかにも弱いので、サプライズがありそうですね〜!

    • By Linkman

      ヤスさん
      コメントありがとうございます!

      僕もこれだけではインパクトが薄いと思うので、
      何か特別なものがあるんじゃないかと期待してるんですよね(^^)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)