今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の年末までの生産台数は8000万台!? 9月末までには1,000万台出荷か!?

Iphone6andplus

DIGITIMESは、サプライチェーンの情報筋によると、サプライチェーンは2014年末までに「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の生産用部品を8,000万台分準備していると伝えています。

スポンサードリンク

Appleは2014年末までに「iPhone 6」シリーズを8,000万台出荷することを目指しているとしていて、これは2013年に発売された「iPhone」の6,000万台を超えるとしています。

部品不足は歩留まりの低下などの問題が発生しなければ、9月の終わりまでに「iPhone 6」シリーズは1,000万台出荷することができるはずだとしています。

今回は比較的供給は早めに安定する?

発表前は少なくても「iPhone 6 Plus」については初回出荷がかなり少ないのではないかとみられてましたが、この予測でどちらが多いかはわからないせよ、とんでもない供給不足にはならないということでしょうか。

毎年「iPhone」の新機種が発売になると品薄状態でなかなか手に入れられないということが起き、おそらく今回もということになりそうですが、なるべくその品薄期間が短くなればいいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)