今日の人気記事

スポンサードリンク

「iOS 8 beta」に「iPhone 6」のディスプレイ解像度とみられる記述が見つかる、解像度はより大きな「828 x 1472」か!?

Sequence 01 still002 2

9to5Macによると、Appleがデベロッパー向けに配布している最新版の「Xcode 6」を経由して「iOS 8 beta」の内部ファイルを調べたところ、「iPhone 6」のディスプレイ解像度とみられる記述が見つかったと伝えています。

スポンサードリンク

これは「iOS 8」の「SpringBoard」アプリの内部ファイルで見つかったようで、このアプリはホーム画面のアイコンの配置を決めているもので、その中に新たな「414×736」という表記があるようです。

Springboard

iPhoneはRetinaディスプレイのため、この倍の「828 x 1472」が「iPhone 6」のディスプレイ解像度となるそうで、例えば、4インチディスプリを搭載した「iPhone 5/5s/5c」「iPod touch(第5世代)」の解像度は「640 x 1136」だが、このファイル上では「320 x 568」と表記されているそうです。

「iPhone 6」が「828 x 1472」という解像度になれば、横にも高さにもピクセルが追加されることになり、ピクセル密度は4.7インチモデルの場合約360ppi、5.5インチモデルでは307ppi、アスペクト比は16:9になるそうです。

なお、「iPhone 5/5s/5c」のピクセル密度は326ppiとなっていて、4.7インチではそれを超える密度で、5.5インチもRetinaディスプレイの定義としてSteve Jobs氏が「iPhone 4」発表の時に話した300ppiを超えているとしています。

(img via 9to5Mac)

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)