今日の人気記事

スポンサードリンク

アメリカでの「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の販売比率は2:1!?

AllThingsDは、Consumer Intelligence Research Partners (CIRP) の調査によると、アメリカでの最新の「iPhone」の売上高の割合は、「iPhone 5s」が64%を占めていると伝えています。

Cirp

 

スポンサードリンク

「iPhone 5c」は27%で、「iPhone 4s」が9%という結果になっていて、9月の段階のアメリカでは「iPhone 5s」の方が売れているということのようです。

去年の「iPhone 5」が発売された時も「iPhone 4s」が今の「iPhone 5c」と同じ位置づけとなっていましたが、上記の表を見ると同じような結果になっていますね。

「iPhone 5s」にはアーリーアダプター層を中心に多く売れるというのは、想定どおりだと思われます。

今後ブラックフライデーからホリデーシーズンにかけて「iPhone 5c」の販売台数は、特に学生などを中心に伸びてくるのではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)