今日の人気記事

スポンサードリンク

「廉価版iPhone」はやはり中間層向けのiPhone!?

先日の記事でJefferies & CompanyのアナリストPeter Misek氏が、「iPhone 5S」の量産が今月後半に始まるようだと予測していることをお伝えしましたが、AllThings Dは、Appleに詳しい情報筋によると、この情報は確かであると述べたと伝えています。

Low price iphone pyramid 640x433

 

スポンサードリンク

また、興味深いことにPeter Misek氏は、「廉価版iPhone」は、補助金なしで300〜400ドルとなり、おそらく新興市場に本当に人気のあるローエンドの携帯電話との競争にはならないだろうと述べているとしています。

「iPhone 5S」の量産は今月からいよいよ始まる見込みで、さらに「廉価版iPhone」は、いわゆるローエンド版ではなく、AppleがiPod nanoやiPod miniで成功したように、中間層向けのiPhoneという位置づけの可能性が高そうです。

関連記事
「iPhone 5S」は9〜10月の発売に先駆けて今月量産開始か!?
廉価版「iPhone」は本当はミッドエンド「iPhone」!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)