今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、リスクを回避するために発注先を分散化か!?

DIGITIMESは、サプライチェーンの情報筋によると、Appleはリスクを回避するために主要発注先を現在の1〜2社から2〜3社に分散することを計画しているようだと伝えています。

Apple logo

 

スポンサードリンク

まず、電子機器製造サービス(EMS)からこの新たな計画が始まるとしていて、すでにAppleは新たなEMSパートナーを検査しているとしていて、WistronとCompal Communicationが参加するとみられるが、2人の情報筋はコメントを控えたとしています。

また、部品サプライヤーについてはまだこの計画に含まれていないようだが、遅かれ早かれ調整が行われるだろうとしています。

なお、Appleが新しいパートナーを追加したとしても、それらの会社はAppleの製品用に独自の生産ラインを製造しなければいけないため、2014〜2015年まで受注を開始することはないだろうとしています。

最近「iPad mini」の新たな生産先にWistronとCompal Communicationが加わるとの情報がありましたが、それもこの計画の一つなのかもしれないですね。

関連記事
Wistron、「iPad mini」の生産を2014年以降から開始か!?
次期「iPad mini」の生産はFoxconnではなくWistronとCompalが受注!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)