今日の人気記事

スポンサードリンク

「iPhone 5S」には28nmプロセスで生産する「A7」が採用か!?

EMSOneは、台湾の金融情報サイト『理財網』によると、ゴールドマン・サックスはこのほど発表したレポートで、「iPhone 5S」に搭載するAP(アプリケーションプロセッサ)は、28nmプロセスで生産する「A7」であり、受託生産は大半をサムスンが受注したと伝えています。

A7 mockup

 

スポンサードリンク

ただ、2014年下半期に発表するiPhoneに搭載されるAPについては、すべてのモデルにTSMCの20nmプロセスで生産するAPが採用されるとしているそうです。

また、Appleは「iPad」次世代モデルに搭載するAPを2013年第3四半期に決定するとしていて、TSMCが、2014年分の30%、2015年分の50%をそれぞれ受注するとの見方をしめしたとしています。

こちらも20nmプロセスを採用した場合には、TSMCの受注比率は14年分が40%、15年分は85%にまで拡大するとしてます。

「A7」プロセッサについては、サムスンではなくTSMCに生産が移行するのではないかと以前から噂がありましたが、28nmプロセスとなった場合は現在と同じサムスンが受注する可能性があるそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)