Jony Ive氏が描く「iOS 7」は、コードネーム「Innsbruck」と呼ばれ、skeumorphicデザインからフラットデザインへ!?

9to5Macは、情報筋によると、「iOS 7」の新しいインターフェースは今までのskeumorphicデザインではなく、フラットデザインに変更になると伝えています。

Jony ive tim cook
 
OSに精通している3人によると、「iOS 7」のコードネームは「Innsbruck」と呼ばれ、新たに設計されたツールバー、タブバー、システム上の他の基本的なインターフェイス機能に加え、Appleのネイティブアプリのアイコンがすべて新しいアイコンに変更となるとしています。

ただ、「iOS 7」では異なって見えることはあるが、中核アプリやロック画面、ホーム画面のようなシステムの基礎は現在と同じ方法で動作するとしています。

なお、Appleは「iOS 7」に新たな機能を含むことになるが、まだそれについては不透明だとしています。

Jony Ive氏ががソフトウェアも指揮することで、やはり「iOS 7」から今までのskeumorphicデザインから、フラットデザインに変更となる方向で間違いなさそうですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)