Iphonexbunner big

「iPad mini (第2世代)」はRetinaディスプレイの生産に問題を抱えていて、10月まで量産化できず!?

AppleInsiderは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートによると、Reitinaディスプレイの搭載が噂される「iPad mini (第2世代)」について、Retinaディスプレイの生産性に問題があるとしていて、10月まで量産は開始されないだろうと伝えています。

Ipadmini icon
 
7.9インチにRetinaクオリティのピクセルを詰め込むのには、まだ生産に問題を抱えているとしています。

また、Ming-Chi Kuo氏は、Appleはより手頃な低価格の「iPad mini」をリリースする可能性があるとしていて、価格は199〜249ドルの間に設定されるとしています。

「iPad mini」にはまだコストを下げる多くのアプローチがあり、例えば8GBのストレージに変更することや、リアカメラを取り外す、ケースの生産性を上げる、A5チップの高度化などが挙げられています。

さらに、「iPad (第5世代)」については、この秋に「iPad mini」に似たデザインでリリースされるが、「iPad mini」と違ったユーザー体験を提供していないので、売上げが劇的に向上することは期待できないとしています。

「iPad mini (第2世代)」のRetinaディスプレイ採用についてはかなり期待されていますが、やはり生産にはかなり問題があるようで、リリースまでには時間がかかりそうですね。この問題が解決できなければRetina採用も見送るということもありえるかもしれませんね。

低価格版「iPad mini」については、タブレットデバイスの競争を考えると可能性がないわけでもなさそうですね。

関連記事
Apple、「WWDC 2013」で「MacBook」シリーズを発表!? MacBook AirにはRetinaディスプレイは非搭載!?
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA