「iPhone 5S」は、指紋センサーを妨害しないコーティング材が理由で量産が遅れる!?

Reutersは、サプライヤーの情報筋によると、Appleは「iPhone 5S」の量産を当初6月に予定していたが、その予定が遅れるようだと伝えています。

Iphone5 icon1
 
「iPhone 5S」には指紋センサーなどの新機能が搭載されることが期待されるが、Appleはその指紋センサーを妨害しないコーティング材を探していて、それが量産の遅延を引き起こしているのではないかとしています。

また、日本のサプライヤーによると廉価版「iPhone」は5月から小規模生産が始まり、6月から量産が始まるとしています。

なお、廉価版「iPhone」には「iPhone 5」と同様4インチディスプレイを搭載するが、指紋センサーは搭載されず、プラスチック筐体を使用しているとしています。

「iPhone 5S」については、以前から指紋センサー搭載の噂がありますが、これが理由で量産が遅れているという情報のようです。

関連記事
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)