Iphonexbunner big

アナリスト、「iPhone 5S」は7〜9月までの間に発売、MacBook AirにはRetinaディスプレイ搭載などを予測

CNET Newsは、Citigroup Capital MarketsのアナリストGlen Yeung氏が、「iPhone 5S」や「iPad mini (第2世代)」など、今後のApple製品の見通しについてのレポートを発表していると伝えています。

Ipad 5 ipad mini 2 iphone 5s mockup
 
Glen Yeung氏は、Appleが9月頃にいくつかの製品をリフレッシュすると予測していて、「iPhone 5S」には、よりいいカメラとプロセッサ、NFC、さらには新色が追加されるとしています。

iPad mini (第2世代)」には、Retinaディスプレイモデルと非Retinaモデルの2種類、「iPad (第5世代)」は、より薄く・軽くなり、ベゼルは細くなるとしていまう。

MacBook Air」にはRetinaディスプレイが搭載されることを予想していて、大画面となる「iPhone 6」については期待できないとし、廉価版「iPhone」については詳しいことは不明としています。

「iPhone 5S」については、6〜7月になることが予想されていたが、量産化に問題があるとしていて、7〜8月、または9月まで遅れるだろうとしています。

今までのアナリストの予測と近いところと全く違ったところがあり、どちらが正しいかを判断するのは難しいですが、「iPhone 5S」の新色というのは、今までの噂から廉価版「iPhone」なのではないでしょうか。

「iPad mini (第2世代)」には、Retinaディスプレイモデルと非Retinaモデルの2種類が予想されていますが、2種類を出すのなら現行モデルとRetinaモデルの併売というのが現実的といえそうですね。

個人的に一番期待したいのは「MacBook Air」のRetina化ですが、バッテリー寿命など多くの問題を抱えていそうですが、実現してもらいたいですね。

関連記事

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA