Iphonexbunner big

アナリスト予測:廉価版「iPhone」は4インチディスプレイでRetinaディスプレイではない!?

AppleInsiderは、RBC Capital MarketのAmit Daryanani氏が、Appleが2013年6〜7月に複数の新しい携帯電話を発売する予定で、より具体的には「iPhone 5S」と、より手頃な「iPhone」を発売するだろうとしています。

Low cost iphone concept 04
 
Amit Daryanani氏によると、廉価版「iPhone」は「iPhone 5」と同じ4インチのフォームファクター、プラスチック製の筐体でRetinaディスプレイではないだろうとしているそうです。

また、Appleは新しい「iPad」と「iPad mini」を今年発売する予定で、AppleのTVや「iWatch」についての噂については本当のようだが、いつ発売となるのかは不明だとしています。

「iPhone 5S」と廉価版「iPhone」については、これまでの噂から発売の可能性は高い気がしますが、廉価版「iPhone」がRetinaディスプレイでないというのはどうなんでしょうね。

すでに「iPod touch」もRetinaディスプレイを搭載しているので、今さらこのサイズでRetina非搭載のモデルが出る可能性は少ない気がしますが・・・。

関連記事
廉価版「iPhone」は「iPhone 5」と同様に4インチディスプレイで、4〜6つのカラーバリエーション!?
アナリスト、「iPhone 5S」は7〜9月頃リリースで、廉価版「iPhone」は350〜450ドルになる!?
次期「iPhone」はデュアルLEDフラッシュ搭載で、廉価版iPhoneは、様々なカラーラインナップが用意される!?
スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ゆ

    5月1日からアプリの新規申請時とアップデート申請時にRetinaディスプレイとiPhone 5に対応している事が必須条件になるんだから、非Retina iPhoneなんてありえない

  2. By siro

    ゆさん。
    appの側は、非Retinaだけでしか走らないものを認めないということですよね。
    上位機種は下位機種で出来る事は必ず出来なければならない、という原則です。
    これは、下位機種を認めないということではないと思いました。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA