Iphonexbunner big

9.7インチ「iPad」の生産、2013年第1四半期に40%減少か!?

DIGITIMESは、業界筋によると、Appleの9.7インチ「iPad」の生産が2013年第1四半期に40%減少すると予想されていると伝えています。

IPad wRet icon
 
例年この時期は家電製品の生産が減少するのと、「iPad mini」の売り上げが増加していることが要因だそうで、その結果、シャープの台湾北部のパネル工場の生産がほぼ停止しているとしています。

また、その他のタッチパネルメーカーTPKやWintekも減収が見込まれているとしています。しかし、シャープが次期「iPad」「iPad mini」むけのパネル技術を取り組んでいるのも減収の理由だとしています。

一方、現時点で「iPad mini」の方が9.7インチ「iPad」より、コストが高いため、「iPad mini」の売り上げが9.7インチ「iPad」を超えると、将来的にAppleの収益の下落につがるとしています。

先日もシャープがiPad (第4世代)向け液晶パネルの生産をほぼ停止しているという情報がありましたが、シャープの台湾の工場や他のメーカーもパネルの生産を減らしているようですね。やはり「iPad mini」の人気が背景にあるかもしれませんね。

関連記事
シャープ、iPad (第4世代)向け液晶パネルの生産をほぼ停止

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA