Apple、Google Mapsとの契約を1年残して独自のマップサービスに置き換えることを決定!?

AppleInsiderは、問題に精通した2つの独自の情報源によると、AppleとGoole Mapsの契約は1年以上残していたが、6月の「WWDC 2012」の直前にAppleがGoogle Mapsを独自のマップサービスに置き換えることに決定したと伝えています。

Mapoverview i
 
Appleが「iOS 6」と「iPhone 5」で新しいマップサービスを展開する理由は、Google MapsのiOSデバイスとAndroidデバイスの機能の格差があったとしていてます。

なお、Google MapsのサービスをAppleが捨てたことについては、Googleのエリック・シュミット会長が以下のように語っています。(via.ロイター)
「われわれは、彼らがわれわれのアプリの採用を継続していたら良かったのにと思うが、仕方がない」「彼らに変更しないよう強いれば良かったというのか(それはできない)。これは彼らの決定だ」
Googleにとっても、「iOS 6」からGoogle Mapsが除外されるというを最終的に聞いたのは、WWDCの直前だったようで、契約があと1年ほど残っていたというのはちょっと意外でしたね。

Appleは、Android版とiOS版のマップ機能の差が生まれてきている状況が不満だったようで、それなら独自で作るという方向に舵を切ったということになったようですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)