「iPhone 5」のA6チップは3コアGPUを搭載していることが明らかに

CNET Japanによると、Anandtechが分析したところ「iPhone 5」のA6チップは3コアGPUであると伝えています。

Ifixt iphone5 a6
Photo by iFixit

このGPUはおそらく266MHzで動作する「PowerVR SGX 543MP3」だろうとしているそうです。

また、UMB TechInsightsはA6チップを製造しているのはサムスンだと予測していて、「A6のマークが、『A4』プロセッサやA5プロセッサで使われているサムスンのマークと似ていることが判明した」と述べているそうです。

「iPhone 5」搭載のA6チップは、「iPhone 4S」に搭載されていたA5チップより約2倍のパフォーマンスとグラフィックス性能をがあると発表されていますが、グラフィックスについては3コアGPUによって実現されているようですね。

なお、「新しいiPad」に搭載されているA5XチップはクアッドコアGPUとなっています。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)