次期iPhoneに搭載の小型Dockコネクタは「Lightning」、新型イヤホンは「Earpods」と呼ばれる

9to5Macは、情報源によると、Appleんが次期iPhoneに搭載する9pinの小型Dockコネクタは内部的には、「Lightning」と呼ばれ、この名前が正式にも採用されるようだと伝えています。

A06u ghcqaea0jm jpg large
 
この名前には2つの理由があり、1つはMacに搭載されているThunderboltコネクタと一緒の意味を持つ名前で、2つめは、現在の30pinのコネクタよりはやい速度で同期ができるという意味があるとしています。そしてこのDockコネクタケーブルは10ドルで販売されるとしています。

Dscf8459

また、Appleは新しいイヤホンを明日発表するとしていて、これは「Earpods」という名前で呼ばれていて、現行のイヤホンと同様に29ドルで販売されるとしています。なお、音質が明らかに改善しているとしています。

他にも、知名度の高い小売店の情報源によると、次期「iPod shuffle」は現行と同じ2GB、8色のラインナップになり、次期「iPod touch」のために、‘Loop’と呼ばれるアクセサリが発表されるとしていて、こちらも黒、赤、ピンク、黄色のカラーラインナップが用意されるとしています。

新しいアクセサリ類の情報ですが、やはりイヤホンも新型が発表されそうですね。音質が改善されているということなので、個人的には期待したいところです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)