次期「iPhone」は4インチで解像度が1136×640、326ppiのピクセル密度をもつディスプレイの採用!?

DIGITIMESは、業界筋によると、Appelの次期「iPhone」は4インチで解像度が1136×640、326ppiのピクセル密度をもつディスプレイが採用されるだろうと伝えています。

Iphone 5 mockup 82
 
情報筋によると、次期「iPhone」はサムスンやソニー、シャープなどによって作られた4インチディスプレイの携帯電話に比べて、NO.1の解像度を誇るデバイスになるとしています。

また、このディスプレイには、ジャパンディスプレイ、LGディスプレイ、シャープ製の"インセルタッチパネル"が特色になっているとしていて、以前は心配されていた歩留まり率も高まっていて、生産は順調に進んでいるとしています。

先日も次期「iPhone」用とされる液晶ディスプレイセットが販売されていて、それもスクリーンサイズが4インチで解像度が1136×640ピクセルとなっていたので、かなりこのスペックのディスプレイが搭載される可能性が高まっている気がします。

また、生産体制が不安視されていたインセルタッチパネルの生産も順調に進んでいるという情報は朗報といえるかもしれませんね。

関連記事
次期「iPhone」用とされる液晶ディスプレイセットが販売されている
「インセルタッチパネル」歩留まり率が不十分で次期「iPhone」の出荷スケジュールに影響!?
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)