Appleの「iTV」はすでにフル生産状態だとアナリストは予測

先日よりWALL STREET Journalが、Appleのテレビ事業についての記事を掲載していますが、MacRumorsによると、Jeffries & Co.のアナリストPeter Misek氏は、Appleのテレビ「iTV」が "フル生産"になっていると主張していると伝えています。

Itv image
 
Peter Misek氏は、すでに「iTV」がフル生産の状態であると考えていて、シャープや、Foxconn、その他特殊科学物質を扱う会社、テレビ部品のサプライヤーがこれをサポートしているとしています。

また、JDSUが、ゲーム会社以外でジェスチャーコントロールモジュールを使う新しい顧客を獲得したことを指摘していて、彼らはこの新しい顧客はリビングルームをベースにしていることを示したとしています。

さらに、Appleが「iTV」のためにAT&TとVerizonのコンテンツの活用すると確信してるとしています。

WALL STREET Journalでは、Appleのテレビ事業の拡大のためにCATV会社と交渉しているという情報が伝えられていて、現行の「Apple TV」のような新型セットトップボックスの開発を示唆するものでしたが、Peter Misek氏はやはり「iTV」が生産されていると予測しているようです。

気になるのが "ジェスチャーコントロールモジュール" をAppleが「iTV」でサポートするということになるのかですね。これがサポートされれば、ジェスチャーでテレビを操作できるということになるんでしょうか?

いずれにしろ「iTV」が今後本当に発表されるかどうかは注目したいですね。

関連記事
Apple、新型「Apple TV」にライブ配信されるコンテンツとオンデマンドのコンテンツとの違いをなくす機能搭載!?
Apple、テレビ事業拡大に向けてCATV会社との協業を模索!?



スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)