Apple、新型「Apple TV」にライブ配信されるコンテンツとオンデマンドのコンテンツとの違いをなくす機能搭載!?

THE WALL STREET JOURNAL日本版によると、Appleは新型テレビ向けセットトップボックス(STB)に番組へのアクセスや視聴を簡単にする機能や、ライブ配信されるコンテンツとオンデマンドのコンテンツとの違いをなくす機能が搭載されるだろうと、関係者が明らかにしたと伝えています。

Appletv sh
 
Appleは、インターネット配信のテレビ番組が保存されているデジタルビデオレコーダーを通じて、視聴者が全ての番組をいつでも最初から視聴できるようになることを提案しているとしています。これにより、視聴者は番組開始から数分過ぎでも、最初から番組を見られるようになるそうです。

また、もう一つの注目機能はユーザーインターフェースになる公算が大きく、それはiPadのアイコンに似たものになるかもしれないとしています。その関係者によると、Appleの新型STBはテレビ画面にソーシャルメディア機能が入る余地があるとしています。

なお、Appleの広報担当者は、これらがうわさと憶測に過ぎないとして、コメントを拒否したとしています。

昨日も、Appleがテレビ事業拡大に向けてCATV会社と交渉中ではないかとする記事を書きましたが、Appleはまず現在の「Apple TV」をさらに進化させる方向に動いているのていうのかもしれないですね。

関連記事
Apple、テレビ事業拡大に向けてCATV会社との協業を模索!?



スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)