Iphonexbunner big

次期「iPhone」のリークパーツがどのように接続されるかを示した画像

9to5Macは、iPhoneの修理業者であるiFixYouriが、今までにリークされた次期「iPhone」のリークパーツがどのように接続されるかを示した画像をを公開していると伝えています。

Iphone5 diagram
 
注目すべき最大のポイントの一つとして、これまでにリースされた部品の多くはマザーボード上にうまく当てはまり、おそらくこれらの部品が本物であることを意味するとしています。

注意すべきもう一つのポイントは、SIMカードスロットが一見わずかに小さく見えるが、「iPhone 4/4S」に搭載されている現在のMicro-SIMの規格のサイズに見えるとしています。

次期「iPhone」にはnano-SIMがサポートされると噂され、すでにパーツもリークされています。リークされたマザーボードのサイズを完全に確認することが出来ないのでわからないが、少なくてもAppleが両方のサイズをテストしていたことを意味しているとしています。

今までに次期「iPhone」のパーツはかなり多くリークされてきましたが、このように画像にまとめられると非常に分かりやすいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA