「iOS 6 beta 4」には、データ通信の信頼性の向上のため「Wi-Fi Plus Cellular」機能が追加される

MacRuomrsによると、Appleがデベロッパー向けにリリースしている「iOS 6 beta 4」では、設定の中に「Wi-Fi Plus Cellular」という機能が追加されていると伝えています。

Wifipluscellular
 
この「Wi-Fi Plus Cellular」は、アプリがWi-Fi接続でデータ通信をしている際に、弱い電波などによりデータ通信が困難な場合に、3Gデータ通信に自動的に切り替わる機能だそうです。

また、iCloudドキュメント、iTunes、FaceTime、Passbook、リーディングリストには、それぞれ3Gデータ通信を行うかどうかのオン/オフスイッチがあるとしています。

街中にあるWi-Fiスポットなどでは、場所によっては接続できていても電波が弱くデータ通信などが出来なかったりする状況は良くあることなので、それを自動的に3Gデータ通信に切り替えてくれるというのはいい機能だと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)