次期「iPhone」と「iPhone 4S」のフロントパネルの比較画像とムービー

MacRumorsによると、iPhoneのパーツ会社ETrade Supplyが、次期「iPhone」用と思われるフロントパネルと「iPhone 4S」のフロントパネルの詳細な比較を掲載していると伝えています。

E6lPXi 1Gu03x9Fvv61xvw
Photo by ETrade Supply
 
このフロントパネルは、今までリークされてきたものと同様に縦に長いディスプレイやFaceTimeカメラがイヤホンの上に移動されているとしています。

Iphone4siphone5
Photo by ETrade Supply

次期「iPhone」のフロントパネルは、「iPhone 4S」のものより0.1mm薄く、ホームボタンの直径が0.3mm小さくなっているとしています。


さらに約7分にもわたるムービーも公開していて、他にも「iPhone 4S」のものより、光透過率が良く、高い耐スクラッチ性能を提供しているとしています。

今までにリークされてきたフロントパネルとほぼ同じようですが、かなり詳細に分析されています。個人的には傷に強くなっているというのが気になりますね。やはり以前から噂されている「Gorilla Glass 2」なのでしょうかね。

なお、さらに多くの画像がETrade Supplyにあるので是非どうぞ。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)