Iphonexbunner big

ティム・クックCEOが、Fortune誌のカバーストーリーに取り上げられる

9to5Macによると、今週のFortune誌のカバーストーリーに、AppleウォッチャーのAdam Lashinsky氏が書いた「ティム・クックはAppleをどう変えるか」が掲載されると伝えています。

Tim cook cover fortune
 
この記事の中では、いくつかの逸話を通じて、ティム・クック氏がどのようにAppleの文化を変更しているかを指摘しているとしています。

いくつかのトピックとして以下のようなことが取り上げてあるそうです。

・Appleのトップ幹部による"Top 100″ミーティングが、今年はカリフォルニア州カーメルで行われ、Appleが来年向かっていく方向を共有した。

・ティム・クック氏は、アラバマ州の製紙工場と、バージニア州のアルミニウム工場で働いていた。

・ジョブズ氏はだいたいジョナサン・アイブ氏と食事をしていたが、ティム・クック氏は、昼食時には従業員食堂をランダムで座っている。

AppleウォッチャーのAdam Lashinsky氏といえば、Appleの内部事情を書いた「インサイド・アップル」の著者ですが、今回はティム・クックCEOを焦点にカバーストーリーを書いたようですね。なかなか深い部分まで書かれているというので、どういった内容か気になるところですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA