Iphonexbunner big

DropBoxと連携しているiOSアプリがApp Storeからリジェクトされる問題、DropBoxがリリースした新しいSDKで解決へ

先日、DropBoxと連携しているiOSアプリがApp Storeからリジェクトされているとお伝えしましたが、MacRumorsによると、Dropboxはその問題を回避する新しいSDKをリリースし、それを利用したアプリがApp Storeから拒否されなくなったと伝えています。

Cambox dropbox settings
 
DropBoxは、Appleの要件を完全に満たすために、SDKの微調整を続けているそうで、Appleから正式に問題ないとの回答は得ていないが、このSDKを使うことによりアプリの承認が得られ可能性が高くなっているとしています。

また、Camboxというアプリを開発しているFilip Radelic氏によると、彼はすぐに自分のアプリに新しいSDKを組み込み、昨日Appleに提出したそうですが、すぐにAppleのレビュアーによって承認され、現在App Storeで販売されているそうです。

どうやらこの問題は、Dropboxの素早い対応により解決の方向となりそうですね。開発者にとっても非常にいい結果となっていきそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA