「iPad」のタブレットデバイスでの市場シェア、2017年まで50%ををキープ

AppleInsiderは、DisplaySearch'sのレポートによると、全体的なタブレット市場は、2011年の8170万台から2017年までに4億2490万台にまで増加するとして、「iPad」は、2014年までは圧倒的なリードとなるが、Androidのシェア増加により2017年には50%ほどになると予測していると伝えています。

12 05 04 NPD
 
このレポートでは、タブレットデバイスの機能の増加、OSの多様性などから2016年までにノートPCを凌駕すると指摘しているそうです。

先日IDCが発表したレポートでは、2012年第1四半期の世界のタブレットデバイスシェアで、「iPad」が68%を占めていましたが、今後もこの優位性が2017年頃までは続く模様です。今後5年間もシェア50%を超えるとなると相当すごいことだと思いますが、「iPad」が革新的な進化を続ければこれは可能かもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)