スティーブ・ジョブズ氏を育てたシリコンバレー

日本経済新聞に「ジョブズ氏育てたシリコンバレー、唯一無二な理由」という記事が掲載されていて、非常に興味深い内容だったので紹介したいと思います。

Steve jobs ibooks textbooks

この記事のシリコンバレーは、カリフォルニア州にある本家・シリコンバレーについて書かれています。

このシリコンバレーの特徴は、「ハイテクの集積地」というよりは、「次のAppleやGoogleを創りたい人の集積地」であって、これが中国・台湾・インドなどのシリコンバレーとは違うところだとしています。

そして、このシリコンバレーが生んだ最大のヒーローがAppleの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏だったとしています。同氏は薬物使用の過去があり、大学は中退、人間関係が複雑で、Appleから一度は追い出される失敗者だったが、シリコンバレーでは、失敗するリスクよりも挑戦・再挑戦する勇気を称賛し、成功者を嫉妬せずに祝福する風土が、ジョブズ氏に幾度となく機会を与え、成功者に押し上げたとしています。

そしてそのジョブズ氏を育てた人の一人にHPの共同創業者、ウィリアム・ヒューレット氏を挙げています。ジョブズ氏はHPが地域の子供達を対象に催していた「探求クラブ」に参加していて、そこで初めてコンピューターに触れ、「自分で何かモノを作ること」を勧められたとしています。

そこでジョブズ氏は、ヒューレット氏の自宅に直接電話をかけ、必要な部品を入手、最終的には高校1年生の夏休みにHPで働く貴重な体験をしています。こういった人の存在がジョブズ氏のその後に大きな影響を与えたとしています。

ジョブズ氏が死去して半年が過ぎ、今後ジョブズ氏に並ぶような人は現れないかもしれないが、今でも世界中から若者がシリコンバレーに集まってきて企業をし、失敗をし、再挑戦するということが続いているとしています。

このシリコンバレーの精神というのは非常に興味深いです。日本では失敗をすると再挑戦するというは難しいですし、失敗者というのは評価されづらいですよね。シリコンバレーでは、失敗が次の成功に繋がるという環境があるからこそ、優秀な人が集まってくるようになるようです。

今、イノベーションを起こしている企業の多くがシリコンバレーから生まれていることは偶然ではないですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)