TIME誌が選ぶ、世界で最も影響力のある100人にAppleのティム・クックCEOが選出

9to5Macによると、TIME誌は2012年版「世界で最も影響力のある100人」のリストを公開し、その中にスティーブ・ジョブズ氏に続いて、Appleのティム・クックCEOが選出されていると伝えています。

Tim cook 203x285

このリストには、ほかにもHilary Clinton氏、Tim Tebow氏、Rihanna氏、Salman Khan氏などが含まれているそうです。

リストに載っている人にはそれぞれ、その人物の近くにいる人によって書かれている文章が添えられていますが、ティム・クック氏には元アメリカ副大統領であり、Appleの取締役会メンバーのアル・ゴア氏が寄稿しているそうです。

やはり、AppleのCEOともなると世界中に影響を与えますからね。この選出は妥当なものでしょうね。

TIME誌が選出した100人の人物の一覧は以下から見る事が出来ます。
The 100 Most Influential People in the World

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)