今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、Touch IDを搭載機種で画面を非正規または不正に交換した場合にアップデートや復元ができない場合があることを案内

Error53

Macお宝鑑定団Blogさんによると、Appleは、サポートドキュメント「エラー 53 が表示される場合や、iPhone または iPad をアップデートまたは復元できない場合」を公開していて、Touch IDを搭載機種で画面を非正規または不正に交換した場合にアップデートや復元できない場合があることを案内しています。

スポンサードリンク


非正規修理業者を利用するのは危険

iOSデバイスが「Touch ID」を搭載している場合、アップデートまたは復元の最中に、Touch IDセンサーが iOSデバイスのほかのコンポーネントと合っているかがチェックされるとのこと

iOSで未確認または想定外のTouch IDモジュールが検出されると、このチェックは失敗し、アップデートは最後まで実施されないそうです。

その時にデバイスに「iTunes に接続」画面が表示されたり、コンピュータ上の iTunes で「iPhone [デバイス名] を復元できませんでした。不明なエラーが発生しました (53)」というようなメッセージが表示されます。

Macお宝鑑定団Blogさんによると、Touch IDの修理交換の場合Genius Barでは、Apple専用サーバーを通じて再ペアリングが行われ、Apple 正規サービスプロバイダで修理する場合は本体交換またはコールセンター送付にて修理になるそうです。

Touch ID周りはセキュリティの関係上かなり厳重になっているので、万が一破損などしてしまった場合はGenius Barや正規サービスプロバイダでの修理が必須で、ほかのディスプレイなどの修理でも非正規修理業者の利用はおすすめできません。

それに対して非正規修理業者が修理した場合は、Touch IDとほかのコンポーネントがマッチしない(再ペアリングもできない)ため、こういったエラーが発生します。この場合は、Appleのサポートに連絡をして保証対象外修理となります。

なお、Macお宝鑑定団BlogさんにさらにTouch IDのセキュリティについても触れられているので、是非どうぞ!

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)