今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、マップアプリの3D Flyover機能に新たに「富山」が対応

Toyama3dflyover

MacRumorsによると、Appleは、純正「マップ」アプリで3D Flyover機能に日本の「富山」などを含むいくつかの地域が追加されていると伝えています。

スポンサードリンク


新たに20の地区が3DFlyoverに対応

今回3D Flyover機能に対応した地域は以下のようになっているそうです。

  • アデレード – オーストラリア
  • アミアン – フランス
  • ラ・ロシェル – フランス
  • ナント – フランス
  • トゥールーズ – フランス
  • ベルン – スイス
  • ブレーメン – ドイツ
  • コロンバス – オハイオ州
  • ルイビル – ケンタッキー州
  • サウスベンド – インディアナ州
  • スプリングフィールド – ミズーリ州
  • ツーソン – アリゾナ州
  • ドレスデン – ドイツ
  • アイントホーフェン – オランダ
  • ヨハネスブルグ – 南アフリカ共和国
  • ミドルスブラ – イギリス
  • ザルツブルク – オーストリア
  • タオルミーナ – イタリア
  • 富山 – 日本
  • バージン諸島

3D Flyoverは、MacやiOSで提供されている「マップ」アプリで提供されている建物などが立体的に表示機能です。

日本では2014年6月に東京が初めてこの3D Flyoverに対応してから、大阪・名古屋・広島・京都・岡山・仙台・札幌・静岡・長崎・青森が対応していて、富山はそれに続く対応となりましたね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)