Androidへのスティーブ・ジョブズ氏の怒りは本物だった

MacRumorsによると、スティーブ・ジョブズ氏の公式伝記の著者であるウォルター・アイザックソン氏は、昨日の記事にも書いたGoogleのCEO、Larry Page氏がジョブズ氏の「Androidへの異論は、実は見せかけだけのものだった」とする意見に反論していて、Androidへのジョブズ氏の怒りは本物だったと語っています。

Stevejobscover

アイザックソン氏は、iPodやiPadなど完全に統合されたシステムをAndroidにほぼコピーされ、無差別にライセンスをばらまかれ、ついにはAndroidが市場シェアでAppleを上回ったことについて、ジョブズ氏が激怒していたと語っています。

これはお金の問題ではなかったとしていて、ジョブズ氏は、「彼らは私にお金を支払うことは出来ない、私は彼らを破滅させるんだ。」と話していたとしています。

やはりLarry Page氏が言うような、"見せかけ"というのはないような気がしますね。Micorosoftの時がそうだったように、この件もジョブズ氏は本当に怒っていたのだと思いますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)