GoogleのLarry Page氏、スティーブ・ジョブズのAndroid攻撃は「見せかけ」と発言

Cnet Japanによると、Bloomberg BusinessWeekが公開したGoogleのCEO、Larry Page氏のインタビュー記事の中で、スティーブ・ジョブズ氏とAppleによる「Androidへの異論は、実は見せかけだけのものだった」と述べてていると語っていると伝えています。

Larry page

Larry Page氏は、ジョブズ氏が亡くなる前に会う機会があったが、これも非常に心温まるものだったとしていますが、Appleとジョブズ氏が公の場でAndroidを批判した理由はわかるとしながらも、それが正しい選択だったとは全く思っていないとも述べているそうです。

Page氏は記事の中で「それが彼らの利益にかなったのだと思う」と語っている。「多くの企業にとって、明確なライバルを設定し、その意識の下に結集するというのは便利な手法だ。私は個人的には、さらなる高みを目指すほうがいいと考えている。人は自分の競争相手に目を向けたいとは思わない。何が実現可能で、どのように世界を良くしていくのかということに目を向けたいと思うものだ」
AppleとGoogleの関係は当初は非常に友好的でしたが、記事の中にもあるようにGoogleがAndrodoをリリース後から関係が悪化していましたね。とくにジョブズ氏はAndroidについて痛烈な批判をしていましたが、Larry Page氏はそれは「見せかけ」だと発言したようでね。

多分ジョブズ氏は本気で怒っていたとは思いますが・・・。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)