今日の人気記事

スポンサードリンク

「Apple Watch」のバッテリーは交換可能な模様

Applewatchnew

Techcrunchは、Appleの広報担当が「Apple Watch」のバッテリーについて交換可能だと述べたと伝えています。

スポンサードリンク

ただ、バッテリー交換の価格については分からないそうです。ほかにも将来的に陳腐化していく問題について、プロセッサやRAMが今後アップグレードできるかどうかについてもAppleは回答していないそうです。

特に「Apple Watch Edition」については1,280,000円以上と高額なので、少なくてもバッテリーの交換ができるのは当然とはいえますよね。他のモデルでもバッテリー残量が減ってきた時のケアはきっと必要になるはずです。

また、「Apple Watch Edition」はこれだけ高額にも関わらず中身のアップグレードができないとなると、わずか1,2年で一気にスペックが上がった時にちょっと辛いですよね。

まだどうなるかは全くわかりませんが、保証期間が「Apple Watch Edition」だけ2年となっているので、特別な対応が取られる可能性はゼロではないかもしれません。将来的にデザインも変わったりすると対応は極めて難しくなりそうですが・・・。

関連記事
Apple、「Apple Watch」のサイズを選ぶ時に参考になる「Apple Watch Sizing Guide」を公開
「Apple Watch Edition」の保証期間は2年間、「Apple Watch Sport」と「Apple Watch」は1年間
「Apple Watch」はIPX7等級の耐水性能で防水性能ではなく、充電ケースは「Apple Watch Edition」のみ付属
Apple、「Apple Watch」のバッテリーについての詳細ページを公開
Apple、東京の伊勢丹で4月10日に「Apple Watch」の展示を行うことを案内
Apple、「Apple Watch」用のバンドとマグネット式充電ケーブルを別売りで販売へ
Apple、Apple Watchをサポートした「iOS 8.2」をリリース
Apple、「Apple Watch」を日本を含む9カ国で4月10日に予約を開始し、4月24日に発売

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)