今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、改めてデベロッパーに対して2月1日からiOS向けアプリは64ビットのサポートなどが必要条件になることを通知

Ios8icon

このサイトでも何度か取り上げていますが、9to5Macによると、Appleは改めてデベロッパーに対して2015年2月1日からiOS向けアプリは64ビットのサポートなどが必要条件になることを通知していると伝えています。

スポンサードリンク

2月1日からは新しくApp Storeに提出するアプリはすべて64ビットをサポートし「iOS 8 SDK」での開発することが条件となります。また、アプリのアップデートの場合は2015年6月1日以降は同様の条件となるので注意が必要です。

なお、この要件を満たすためには「Xcode 6」以降で開発をする必要があり、プロジェクト内で64ビットを有効にするにはXcodeのスタンダードアーキテクチャーのデフォルト設定を使うことを勧めていて、32ビットと64ビット両方のコードが含まれているバイナリをビルドする必要があるそうでうす。

昨年10月に最初の案内が出た時はまだ先のことだと思っていましたが、気がつけば2015年2月1日が間近に迫っていましたね・・・。

関連記事
Apple、デベロッパーに対して2015年2月1日からiOS向けアプリは64ビットのサポートなどが必須になることを再通知
Apple、2015年2月1日からApp Storeに提出するアプリは64ビットのサポートとiOS 8 SDKで開発が条件に

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)