今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、「マーチン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」に合わせてアメリカの公式サイトをアップデート

Martinluserking

9to5Macによると、Appleが「マーチン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」に合わせてアメリカの公式サイトをアップデートし、マーチン・ルーサー・キング・ジュニアの写真を掲載していると伝えています。

スポンサードリンク

「マーチン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」は、アメリカの公民権運動の指導した人物マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の栄誉を讃えるために、誕生日が近い1月第3月曜日が祝日として設定されているそうです。(wikipedia参照)

アメリカのハイテク企業は従業員に休暇を与えるが、Appleはボランティア活動を奨励しているそうで、Appleは自発的にスタッフが働いたとする時間プラス50ドルを寄付するそうです。

なお、Appleが「マーチン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」のためにトップページを変更したことは今までなく、今回が初めてとなります。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)