今日の人気記事

スポンサードリンク

AppleのiBooks事業で最も急成長している市場は日本であることが明らかに

Ibookstore2015116

9to5Macによると、Digital Book World Conferenceに登壇したAppleのiBook StoreのディレクターKeith Moerer氏が、「iOS 8」に「iBooks」アプリをプリインストールして以来、週に約100万の新しいユーザーを追加していると述べたと伝えています。

スポンサードリンク

また、地域別のiBooksの事業について、アメリカ以外ではイギリス、ドイツ、フランスが大きなチャンスがあるが、最も急成長している市場は日本だと明らかにしているそうです。

日本では主に現地の言語の本が売れていると述べ、ラテンアメリカは出遅れているが、スペイン語の出版は、アメリカ事業の大きな部分になり始めている語ったそうです。

iBooksの市場で日本が最も急成長しているのは驚きですね!日本では2013年に有料書籍の取り扱いが開始されたわけですが、iPhoneのシェアの高さ、この1〜2年での電子書籍の普及などが合わさって売り上げが伸びているのかもしれませんね。

また、iOS 7まではApp Storeからダウンロードする形だった「iBooks」アプリが、iOS 8からプリインストールに変わったことで多くのユーザー獲得に繋がるという結果になったようで、この判断は大きかったと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)