Appleの経営陣は、世界クラスの企業のCEOになる可能性がある

9to5Macによると、Appleの取締役でもあるアル・ゴア元副大統領は、現在香港で開催中のAsiaD:AllThings Digitalでインタビューに答え、Appleの経営陣は、世界で最高で、経営陣すべての人間が、世界クラスの企業のCEOになる可能性があると述べたと伝えています。 さらに、スティーブ・ジョブズ氏について、"250年に1人の存在"と語っています。 アル・ゴア氏は、今後もAppleの経営陣と共に前進するために、しっかりとした意思決定をしていきたいと語ったという事です。 以前にも、Appleの首脳が他の会社のCEOとなるケースがありましたが、今後もそういう可能性がないとは言えませんね。逆を言えば、それほどの人材がAppleを経営しているというは心強いことでもありますね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)